Ican行政書士事務所の法令試験の特徴

Ican行政書士事務所の法令試験セミナーの特徴

 

 

運送業(一般貨物自動車運送事業)の許可取得を目指して準備を進め、ようやく申請書類が受理されると、次に待ち構えているのが「法令試験」です。

 

そう聞かされて、「し、試験?」「なんの試験?」「法令って?」と戸惑われる方も少なくないはずです。

 

実際、私のセミナーに受講される方の多くが、そんな不安を抱えて参加されます。

 

しかし、わずか6時間(結構長いですね――)のセミナーの後には、皆さん一様に、「これで大丈夫だと思います!」「合格できる気がしてきました!」と明るい顔で帰られてきます。

 

そしてその後、しばらくして「受かりました!」「ありがとうございます!」との合格のご連絡を頂きます。

 

Ican行政書士事務所の法令試験セミナーの、これまでの合格実績は実に95%です!

 

しかも

「合格保証付き」

です。

 

合格保証とは、「もしこのセミナーを受講された方がその後の試験で2回合格しなかった場合は、頂いた受講料を全額お返しする」というものです。

 

運送業の法令試験の合格率は、地域や時期によってばらつきがありますが、全国の平均はだいたい50%〜60%です。そのため、この「合格保証」制度は、よほどセミナー内容に自信がないと、できることではありません。

 

私は、この「法令試験必勝セミナーを受講して頂ければ、全員に合格してもらえる」という、、『絶対の自信』をもって、セミナーを開催しています。

 

そこで、ここではその「必勝セミナー」の特徴を、ご説明させて頂きます。

 

オリジナル教材・過去10年分の過去問を分析した「法令試験・過去問読み解き分析集」

 

 

「法令試験・過去問読み解き分析集」は、Ican行政書士事務所の法令試験セミナーの「オリジナル教材」です。

 

私が関東運輸局の過去10年の過去問を分析し、その過去の「ひっかけ問題」のすべてを抽出したものです。

 

全国の地方運輸局の過去問は、同じ関東運輸局並みか、それよりも比較的シンプルな問題が少なくないため、この「法令試験・過去問読み解き分析集」で勉強すれば、ほぼ全ての地方運輸局の法令試験に対応できます。

 

また、一般貨物自動車運送事業の法令試験は、基本的に過去問がそのまま、またはアレンジされた問題が多く、出題される条文もある程度限定されています。

 

この「法令試験・過去問読み解き分析集」は、その「ほぼ全て」の過去問の出題パターンと「ひっかけ問題」を抽出していますので、この「法令試験・過去問読み解き分析集」を繰り返し解く事で、9割の問題は対応可能となっています。

 

<「法令試験・過去問読み解き分析集」の一部をご覧ください>

 

 

このように、「法令試験・過去問読み解き分析集」では、各法令の条文事に、過去に出題された「引っ掛け問題」が、10年分全て抽出してありますので、この分析集を繰り返すことで、過去問を「パターン認識」することが出来るようになります。

 

法令試験は30問中8割(24問)の正解で合格できますので、この「法令試験・過去問読み解き分析集」を繰り返し勉強すれば、それだけで合格圏内に入ることができます。

 

「条令集」の調べ方練習

 

一般貨物自動車運送事業の法令試験では、会場で試験範囲である13の法令を綴った「条令集」が配られます。

 

これはある意味で、問題の「回答集」でもあり、出題された問題の条文を条文集から探して、実際の条文と照らし合わせれば、回答にたどり着くことができます。

 

しかし、実際に会場で、この条文集を調べて出題条文の箇所を探すことは、よほど慣れていないと、かなり時間がかかります。

 

なぜなら、試験会場の問題には、出題された問題の法律名はありますが、何条なのか書いていないことが多いからです。

 

もし、練習なしで試験に臨んだ場合、1問解くにも、大変な時間がかかり、おそらく時間切れになるはずです。

 

そこでIcan行政書士事務所の「法令試験必勝セミナー」では、実際に試験会場で配られる「条令集」を参加者全員にお配りし、問題の条文(回答)に、最短でたどり着く練習を行います。

 

過去問のパターン認識によって、問題を「瞬殺」できる実力を養成

 

Ican行政書士事務所の「法令試験必勝セミナー」では、過去問10年分から抽出した豊富な「ひっかけ問題のパターン」のほぼ全てを学んでいきます。その結果、セミナーを受講することで、ほとんどの問題を「瞬間で回答」するだけの実力を身に着けることができます。

 

つまり、一問解くための時間を、「数秒」で回答できるようになるということです。

 

そのため、「法令試験必勝セミナー」を受講した方の多くが、実際の試験では、30問を15分〜20分で解けるようになります。

 

試験時間は50分ですから、時間内に2回か3回、余裕をもって回答を見直すことができます。

 

受講後、試験までの「電話相談」

 

「法令試験必勝セミナー」では、受講されてから試験当日まで、何度でも無料での「試験に関する電話相談」をお受けしています。

 

Ican行政書士事務所では、セミナー終了後、試験までの間、「過去問10年分析集」の復習と1年分の過去問演習をお願いしています。
もし勉強している中で、分からないこと、疑問点があれば、いつでも、何度でも、電話相談をお受けしています。

 

受講者が自信を持って試験会場に臨めるように、徹底的に合格までフォローさせて頂きます。

 

 

 

「法令試験必勝セミナー」の受講料と申し込み方法

 

受講料

「法令試験必勝セミナー」の受講料は、5万円(+消費税)です。

 

お申し込み方法

下の申し込みフォームに、会社名、お名前、試験の期日などをご記入して送信してください。
また、直接、電話やメール、ファクスでのお申し込みも受け付けています。

 

メール:ican.office7@gmail.com
ファクス:048-278-4782
携帯電話070-1389-0777

 

合格保証

 

「法令試験必勝セミナー」は、業界でも珍しい「完全・合格保証制度」を設定しています。

 

つまり、もし受講された方が本番の試験で不合格になった場合は、無料で再度セミナーにご参加頂き、さらに次の試験でも不合格になった場合は、受講料を全額返還致します。

 

これは、セミナーの内容に絶対的な自信がなければできないことです。

 

ですから、受講をお考えの方は、ぜひ安心してお申し込み下さい。